数珠と線香

葬式や遺品整理はプロにお任せ|遺族の気持ちに寄り添って

故人の品の片付けは業者に

シニア女性

西宮で遺品整理業者の利用が多くなっている理由としては、高齢化や独居老人増加などの社会的背景、サービスの利便性、周知度の増加などが挙げられます。業者は遺品整理に加え、不用品を処分したり買取ったりするサービスも提供しています。

この記事を読む

遺品を整理するポイント

ダンボール

故人の部屋の整理を行なう場合、素人が変に手を出すよりもプロの業者を活用した方がスムーズに事が進みます。神戸の遺品整理業者を利用する場合、事前に見積もり依頼をしてその良し悪しの判断、業者の見極めを行なっていくことが大切です。

この記事を読む

気持ちの切り替えをする

葬儀場

時間の流れとともに

葬式を終えると遺族は遺品整理を行なっていきます。遺族にとっては故人を思い出して悲しみを新たに思い出し、つらい仕事になっています。葬式をあげるまではその準備などで忙しくゆっくり悲しみを感じる時間もありませんが。葬式後には悲しみや喪失感が襲ってきます。故人と遺族との関係、死亡の原因などによってはつらくて遺品整理ができないということもあります。そうした時には無理をしないで、時間の流れの中で一区切りついたら取り掛かればよいことです。中にはこういう時、遺品整理業者に依頼する人も多くいます。遺品整理業者は迅速に遺品の仕分けを行なってくれるのでこんな時にはとても便利です。必要なものとそうでないものを伝えて、仕分けてくれます。東成区にも多くの業者があるので利用してみるといいでしょう。遺品整理を行なう際のポイントとしていくつかあります。例えば日記や手帳、住所録などは不要と判断するまで一定の期間は保存するようにしてください。また遺言書が見つかった時はその場で勝手にあけたりしないようにしましょう。

遺言書が見つかることも

遺言書が見つかった時は速やかに家庭裁判所に提出をして、検認の手続きを取ってください。貴金属や骨とう品、絵画、書なども遺産の一部になる可能性があります。遺産相続が済むまでは勝手に処分しないようにしましょう。神戸ではこれらのものを処分してしまい問題が起こっている遺族もいます。故人の仕事に関する資料や道具などは勤務先の人に相談して、返却や処分、保存を決めていきます。遺品整理を行なった後で個人が愛用していたものを近親者や、親しかった友人などに分けてあげるのが形見分けです。品物があふれかえっている現代社会ですから、この形見の品を受け取ってもらえるかどうかを先方に確認を行なってから、形見分けを行なうようにしてください。東成区では形見分けの際は、故人が使っていたものではなく、新しく商品を購入して送る人が多くなっています。

思い出を守るお手伝い

お墓

家族が遠方に住んでいたりして故人の家財道具の片づけの為に駆けつけられない時、遺品整理を依頼してみてはどうでしょうか。神戸や大阪の大都市であれば、業者もたくさんあり、自分たちの希望に沿った業者がきっとみつかるはずです。金額や内容で後悔しないためにも、しっかりと打ち合わせることが重要です。

この記事を読む